干渉波

波施術の効果
鎮痛(痛みを和らげる)、鎮静(炎症を抑える)、血流促進、筋緊張の緩和、関節の可動制限の緩和、末梢神経麻痺の緩和、ケガの回復

渉波施術の適応疾患
疼痛性疾患首や腰からくる手足のしびれ、捻挫、むち打ち、肩こり、五十肩、背部痛、腰痛、膝痛、関節痛、腱鞘炎、関節水腫神経痛、筋肉痛、筋疲労、むくみストレス

※干渉波後赤くなる事があります。

干渉波施術をした後、背中に若干吸盤の丸い跡が残る場合がございます。これは、その部位の血行が悪くなっている状態です。2、3日経てば自然に消えますので、ご安心ください。また、跡がつくのが嫌な患者様はおっしゃってください。